みんなでクイズを出し合い楽しむために作成されたサイトです

○×クイズを出題してみよう

遊ぶだけでなく、あなたも「クイズ」を出題(=投稿)してみましょう。まずは、簡単な○×クイズから!

トイの出題は、パソコンからしかできません。また、作成前にログインが必要です。
  1. ページ上部の「出題する!」をクリック。
  2. 「クイズをつくる」を選びます。
  3. 「タイトル」を入力しましょう。
    わかりやすいタイトルだと、多くの人に答えてもらえます!
  4. 「詳細」を入力。クイズの内容を簡単に説明します。
  5. 「タグ」から、クイズのテーマに当てはまるものにチェックを入れましょう。
    タグは自由入力もできます。「鉄道」「歴史」「AKB48」「ドラゴンボール」など、具体的なジャンルや作品名などを書きこんでください。
  6. 個別の設問を作ります。「設問1の作成」の「問題テキスト」に、設問文を入力しましょう。
  7. 選択肢を作ります。今回は○×クイズなので、1つ目の選択肢のテキストボックスに「○」を。2つ目に「×」をそれぞれ入力。
  8. 正しい選択肢について、「この回答が正解」をチェックします。今回は「○」の方の選択肢を選びます。
  9. これで、「保存」をクリック。
  10. 「プレビュー」を押すと、クイズがちゃんと出来ているか確認できます。公開前には必ずチェックしましょう!
  11. 確認が終わったら、ステータスを「公開」にして、「保存」。
  12. これで、あなたの作ったクイズが全世界に公開されました!
    ステータスを「リンクのみ公開」にすると、トイのURLを知っている人だけが見られる状態になります。必要に応じて使い分けてね。

これで、簡単な○×クイズが公開できました!でも、ちょっと物足りないですね?
「○×じゃなくて、テレビみたいな3択や4択のクイズにしたい……」
「1問だけじゃなくて、もっとたくさん設問があるクイズにしたい……」
「画像や動画を使ったクイズにしたい……」
「設問ごとに解説を付けたい……」
「回答してくれた人にメッセージを出したい……」
大丈夫です。トイダスなら全部できます!順を追って、いろいろな機能を使ってみましょう。

3択や4択のクイズを出題してみよう

トイダスでは○×のような2択式だけではなく、3択、4択のクイズも出すことができます。
さっそく、実際に出題してみましょう。

  1. 設問文を入力するところまでは、○×クイズと同じです。
  2. 選択肢の下にある、「選択肢を追加」ボタンをクリックします。
  3. 選択肢が増えました! 選択肢は、4つまで増やすことができます。
  4. ○×のときと同じように、正解の選択肢に「この選択肢が正解」のチェックを入れてください。
    「正解」は1つとは限りません。2つ以上の選択肢……たとえば、全部の選択肢が正解!という設問も作れます。
    「選択肢順」を「ランダム」にすると、選択肢の順番が自動的にシャッフルされます。3択以上のクイズを作るときに便利です。

設問の数を増やしてみよう

せっかくクイズを出題しても、設問が1つだけだと寂しいですね。
ここでは、2つ以上の設問があるクイズを出題してみます。

  1. 「設問1を作成」の下にある、「設問を追加」ボタンをクリックします。
  2. 設問が増えます。
  3. 新しく増えた設問にも、同じように設問文や選択肢を書き込んでください。
  4. 設問は1つのクイズにつき20個まで作れます。ボリューム満点のクイズを出題してみてください。
    でも、あんまり長いと答える人がだれちゃうかも。バランスを考えて設問の数は決めよう。
    「出題順」を「ランダム」にすると、設問の順番がシャッフルされます。

画像・動画付きのクイズを出題してみよう

文字だけのクイズは、見た目にはやっぱり地味です。
画像や動画を使って、楽しいクイズを出題してみましょう!

サムネイル画像を付ける

  1. クイズタイトルの横にある「クリックして画像を追加」を押します。
  2. アップロードウインドウが開きます。
  3. 自分のパソコンにある画像を使うときは、「クリックして画像を追加」を押します。
  4. 画像を選びます。
  5. 画像が表示されるので、クイズで表示される範囲を選びましょう。
    画像があなたの撮った写真や描いたイラストじゃないときは、「出典」に作者の名前を入れてね。
  6. 「保存」を選びます。
  7. これで、サムネイル画像が登録されました。
  8. インターネット上にアップロードされている画像を使うこともできます。
  9. (2)までは同じですが、「クリックして画像を追加」の代わりに「画像のURLを入力して下さい」の欄に、その画像のURLをコピーして貼り付けます。
  10. 「OK」をクリックすると、画像がウィンドウに表示されます。後は(5)(6)と同じです。
    サムネイル画像があれば、回答者の人がトイを見つけやすくなります。できるだけちゃんとつけましょう。

設問に画像を付ける

  1. 一つ一つの設問にも、画像が付けられます。
  2. 方法は、サムネイルのときとほとんど一緒。「設問1の作成」から、「クリックして写真を追加」をクリックします。
  3. 後は、上で説明したやり方とまったく同じです。
    設問に写真を使えば、たとえば「この写真の人物は誰?」というような、文章だけではできないクイズが出せます。

選択肢に画像を付ける

  1. 選択肢にも画像が付けられます。
  2. 方法はこれまでとまったく一緒です。選択肢の欄の「クリックして写真を追加」から、画像を選んでください。

設問や選択肢に動画を付ける

  1. さらに、設問や選択肢には、画像の代わりにYouTube動画を付けることもできます。
  2. まずはこれまでと同じように、「クリックして画像を追加」を。
  3. ウインドウの上の方から、「YouTube」を選びます。
  4. 使いたい動画のURLをコピーして貼り付け「OK」をクリック。
  5. すると、動画が表示されるようになります。「保存」を押すと反映されます。
  6. 動画は、特定の部分だけを使うこともできます。(5)の画面から、動画のスタート地点にしたい秒数を入力して「開始」、逆に終わらせたい地点の秒数で「終了」を押せば、動画を一部分だけ切り取ることができます。
    この機能を使えば、動画を使ったイントロクイズも出すことができますね。

クイズに解説を付けてみよう

クイズ番組などでも、回答した後、正解の選択肢について詳しい解説が入ったりしますよね。
トイダスでも、同じように一つ一つの設問に解説を付けることができます。

  1. 選択肢の下の方に、「解説」の欄があります。
  2. 入力ボックスに、設問についての解説や補足説明などを書きこみましょう。
  3. 解説にも画像や動画を付けることができます。「クリックして写真を追加」から、アップロードウインドウを開きます。
  4. 後は、「画像・動画付きのクイズを出題してみよう」を参照してください。

回答者へのメッセージを作ろう

すべての設問に答え終わると、何も設定していない状態では、「5問中3問正解でした!」といったスコアが表示されます。
しかし、「結果」欄を作っておくと、正解数に合わせて、回答者に称号やメッセージなどを表示することができます。

  1. 「結果を追加」をクリックします。
  2. 「結果」の入力欄ができました。
  3. 「結果」は、問題の数に応じて増やすことができます(最大8個まで)。対応する正解数は、自動的に割り振られます。
  4. 「称号」の欄には、成績に応じた回答者への称号や、一言コメントなどを入力できます。たとえば、「クイズ王」「マスター級」「残念!」「よくできました!」などなど。
  5. それでも書ききれない内容は、「メッセージ」の欄に。
  6. 画像を追加することもできます(「画像・動画付きのクイズを出題してみよう」参照)。
  7. また、「回答者にひとこと」の欄には、回答者全体へのメッセージを書き込めます。答えてくれたお礼や、あなたのサイトのURLなどを書いてもいいかも。
    注目情報